2011年03月05日

底面フィルター直結式オーバーフロー水槽

image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgBY まさ

おはようございますp(^^)q今日も頑張りましょう。

今日は、底面フィルター直結式オーバーフロー水槽の作り方を紹介します。

先に言っておきますが、水槽からの水溢れ、オーバーフローからの漏水など、私自身も経験しながら作ってきたものですので、作製はあくまでも自己責任でお願いしますm(__)m。

なおポンプに使うので外部フィルターがいります。流量が調整出来るように工夫がいります。
水槽2つを結合するのに用意するものは、
@底面フィルター2個A塩ビ管Φ20ミリBエルボΦ20ミリ最低2個C変換ジョイントΦ20ミリ→Φ50ミリDΦ30ミリ用キャップE直径50ミリの網
後は固定金具を必要に応じて使用します。

まずは水槽からのオーバーフロー部分を作ります。
30センチのキューブ水槽の場合。

塩ビ管を26センチと6センチと12センチに切ります。26センチの片側に底面フィルターに付属している太いビニール管を半分に切ったものを差し込んで、3センチぐらい出しておきます。
全てをエルボでしっかり固定し、コの字型にします。これで、オーバーフロー部分は出来ました。

次にオーバーフロー受けを作ります。
塩ビ管を11センチに切り、変換ジョイントにしっかり差し込みます。もう一方をエルボに差し込みます。
変換ジョイントのΦ50ミリ側に網をセット。
中にΦ30ミリキャップをコップ上に入れます。
エルボ側から排水するので、塩ビ管、エルボを駆使してもう一つの水槽に流しこむようにつないで下さい。その際、オーバーフロー受けは地面と垂直になるように必ず水槽の底面にエルボ部分がくるように固定してください。
もう一つの水槽は必ずオーバーフロー水槽よりも低くしてください。
これで完成です。

次に立ち上げです。
底面フィルターにオーバーフローを差し込みます。後は水槽にソイルを入れて固定します。コの字で水槽をまたぎ、オーバーフロー受けのキャップに塩ビ管を入れます。その際、塩ビ管にビニールチューブをエルボ部分まで入れておきます。空気抜きに使います。
外部フィルターから上部水槽に流入するように配管します。
下部水槽も底面フィルターをセットして、水面以上にフィルター排水管を出しておきます。

そこに外部フィルターの吸水管を差し込みます。

両水槽ともに水を適量入れて外部フィルターを動かします。

上部水槽がかなり深くなったら外部フィルターを一度止めます。

オーバーフロー受けのキャップに水を入れます。チューブから空気を吸い出しながら水を足すと、キャップから水が溢れてきます。
チューブから水を飲むつもりで最後まで、空気を抜きます。
オーバーフローが稼動しました。
外部フィルターを稼動します。上の水槽の水位が増えないように流量を調整します。

オーバーフロー受けがうるさい場合は、スポンジフィルターを切って隙間に入れたら静かになります。
posted by まさかず at 08:43| Comment(1) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。