2011年07月13日

ブラックシャドーのグレードについて

By まさ

こんばんは。

最近、熱中症が例年よりも増えているようですね。
節電に協力、梅雨明けが早いなど色々ありそうです。

でも、皆さんあまり無理はしないでくださいね。
エビも人間も死んだら終わりです。

確かにエアコンは電力を食いますが、エアコンを中心に考えなくても
節電はできるのですから。

さて、今日はブラックシャドーのグレードについて書きたいと思います。

ブラックシャドーのグレードは次のようなものがあると思います。

@フルブラック
Aキングコング
Bパンダ
Cモスラ
D日の丸
Eターコイズ
Fコブラ(正式かどうか疑問)

ちなみに僕はパンダが好きです。
201107122130000.jpg
最近では、モスラや日の丸といった変わり種がオークションでも見るようになりました。
ブリーダーの凄さですよね。

皆さんは日の丸やモスラを作ることに今取り組んでいるのでしょうか?
201107122128000.jpg
それには、ターコイズが関わっているとか?

これからはどうなるのでしょうか。

僕は、レッドビーと同じように脚やヒゲにまで重点が移ってくるように思います。

皆さんはどう思いますか?







posted by まさかず at 21:59| Comment(0) | シャドーブリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

シャドーを作る遺伝子関係の用語解説

Byまさ

こんばんは。

カズさんの水槽動画見ましたかexclamation&question
僕には抱卵の舞にしか見えませんでしたが、すばらしい状態ですね。わーい(嬉しい顔)

中々あー上手くいかないので、秋の爆殖シーズンに向けて遺伝用語を解説したいと思います。

オークションの参考にはなるかと思います。

良く出てくるのがヘテロですよね。

これは遺伝用語になります。

こーいった言葉を理解すれば、購入時に参考になります。

では、解説していきます。

まず、下の図を見てください。

P. ♀赤ビー × ♂ブラックシャドー   
P.は親です ♀はメス ♂はオスです。
別の形で表すとこうなります。
P.  ♀RR   × ♂rr          
RRとrrは遺伝子型といい、この形をホモといいます。     
F1.  赤ビーもしくは茶ビー      
F1.はP.親から生まれた1代目の子供です。
別の形で表すとこうなります。
F1.  Rr             
Rrは子供の遺伝子型で、この形をヘテロといいます。

この図からわかるように、ヘテロは赤ビーの要素とブラックシャドーの要素を持つということになります。
なぜF1はRRrrとならないのかですが、子供を作る時、RR、rrはそれぞれ卵と精子になるわけですが、この際だけ特別に減数分裂というものがおきてRRはRとRに分かれ、上の図の場合、Rが卵になります。逆にrrはrとrに分かれて、rが精子になります。
合わさると、Rrになります。分かりやすいでしょ。

では、ヘテロ同士の交雑ではどうなるでしょうか。
P.  ♀Rr × ♂Rr
ですね。
そうすると、RrはRとrの卵とRとrの精子になります。
だから、卵R×精子R、卵R×精子r、卵r×精子R、卵r×精子rの4パターンがおきます。 
ですからそれぞれ、RR、Rr、Rr、rrになります。
これを整理すると、
F1.  RR:Rr:rr=1:2:1 となります。
ですからブラックシャドーの発生率は1/4になり25%です。
仮に20個抱卵したとすると確率では5個が赤ビーのホモ、10個がヘテロ、5個がブラックシャドーです。
だから、F1購入は有効です。
言い忘れましたが、RRは優性ホモ、rrを劣性ホモといいます。
RRの方が優位に現れるということです。こうして見られるエビの見た目(赤ビーなど)を表現系といいます。ブラックシャドはーは劣性ホモと考えられます。

では、ヘテロにブラックシャドーを交雑するとどうなるでしょうか。
P.  ♀Rr × ♂rrですね。
そうすると、RrはRとrの卵とrrはrとrの精子になります。
だから、卵R×精子r、卵r×精子r、の2パターンがおきます。 
ですからそれぞれ、Rr、rrになります。
これを整理すると、
F1.  Rr:rr=1:1 となります。
ですからブラックシャドーの発生率は1/2になり50%です。
だから、F1にブラックシャドーを交雑すると確率が上昇するのです。
仮に20個抱卵したとすると確率では10個がヘテロ、10個がブラックシャドーです。るんるん

これがブラックシャドーを抜き取られた形で、F2やF3、F4として販売されているばあいでも、F1とかわらず、いずれもヘテロですので買いです右斜め上。しかも、ブラックシャドーのグレードがキングコング、パンダ、ターコイズなど色々な個体が掛け合わせながらF4とかになっていれば、さまざまなグレードが誕生する可能性があるのでさらにいいと思います手(チョキ)

しかし購入には注意が必要です手(パー)

ヘテロF1同士を親にしたF2などを見つけた場合は、
F1.=P.  ♀Rr × ♂Rr
F2.  RR:Rr:rr=1:2:1 となります。
当然rrのブラックシャドーは抜かれるわけで、
RRとRrがF2として扱われます。
ということは、RRをつかんでしまうと、永久にブラックシャドーは誕生しませんもうやだ〜(悲しい顔)

ですから購入する時は、片親にブラックシャドーが交雑されている個体を買うようにしないと、損する可能性があるので注意しましょう。

以上、参考にしてください。

















posted by まさかず at 22:47| Comment(1) | シャドーブリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ブラックシャドーの作り方

201102012024000.jpgBy まさ

今日は、ブラックシャドー×ビーシュリンプのF1からシャドー個体が誕生し始めましたので、正しいとは言えませんが、遺伝様式について書いていきたいと思います。手(パー)

まず、基本となるビーシュリンプの色に関する遺伝子です。

黒をB。赤をR。とします。
B>R の不完全優性です。 
通常血液型を想像していただくと分かるのですが、2nで人は存在します。
例としては、A型の人はAAかAOというようになっているということです。
ですから、黒い生体はBB、赤い生体はRRとなります。
では、BRはどうでしょうか?
AB型の人がいるように、A型っぽいけどB型ぽいとこもあるからAB型。要するにA型要素とB型要素を持っているということです。しかしながら人の場合A=B>Oなので、ABの人はAB型と表現されてしまうのです。(厳密にはもっと複雑ですが・・・)
ビーの場合はB>Rでしたから、BRは茶色か黒っぽい赤ということになります。黒に赤を混ぜても黒ですからわーい(嬉しい顔)、色素形成能力が弱ければ茶色っぽく見えるわけです。

次にブラックシャドーについてです。
純ブラックシャドーの色因子は別と考えb(表現系は黒)
B>R≧b
純ブラックシャドーは、bb+シャドーs因子を持つとします。(ssのみシャドー、ssの時も黒色表現、ssは白黒反転因子)
では、ブラックシャドー×ビーシュリンプのF1から考えていきましょう。
@フルブラックシャドー(bb+ss)×赤ビーシュリンプ(RR+SS)のF1は
ブラックシャドーの遺伝子b+sと赤ビーシュリンプの遺伝子R+Sが合わさって、
全てF1は、Rb+Ssです。表原型は、赤ビーシュリンプ、茶色ビーシュリンプ。
Aフルブラックシャドー(bb+ss)×黒ビーシュリンプ(BB+SS)のF1は
ブラックシャドーの遺伝子b+sと赤ビーシュリンプの遺伝子B+Sが合わさって、
全てF1は、Bb+Ssです。表原型は、黒ビーシュリンプ
Bフルブラックシャドー(bb+ss)×茶ビーシュリンプ(BR+SS)のF1は
ブラックシャドーの遺伝子b+sと赤ビーシュリンプの遺伝子B+SとR+Sが合わさって、
F1は、Bb+SsかRb+Ssです。表原型は、黒ビーシュリンプ、茶ビーシュリンプ、赤ビーシュリンプ。
ということで、ブラックシャドー×ビーシュリンプのF1は、Bb+SsかRb+Ssの2パターンです。

F1同士を交雑するとどうなるか。
Rb+Ssからは、R+S、R+s、b+S、b+sが遺伝子(精子か卵)となります。
Bb+Ssからは、B+S、B+s、b+S、b+sが遺伝子(精子か卵)となります。

では♂Rb+Ssと♀Bb+Ssを交雑したとします。
すると子供は、
表現系BR+S:Bb+S:bR+S:bb+S:BR+s:bb+s=3:3:3:3:3:1
よって、赤・黒・茶ビーシュリンプ:ブラックシャドー=12:4(うちフルブラックシャドー1)
よって、25%の確率でシャドー誕生。
201102011916000.jpg
じゃあこの生まれたシャドーはどうなっているか
BR+ssかbb+ss
bb+ssならばラッキーです。
だけど、BR+ss同士の交雑からもシャドーしか生まれません。
このF2遺伝子はB+s、R+sなのですが、
F3は、BR+ss、BB+ss、RR+ss、全てブラックシャドーexclamation&question

このF2にビーシュリンプを交雑したら、ブラックシャドー以外全部誕生。
これが、ブラックシャドー×ビーシュリンプのF1として売られていたらexclamation&question
bb+ssは生まれてきませんが、s因子だけでもシャドーが誕生です。
なかなかフルブラックはでないと思いますが、s因子が白黒反転因子と考えられるため、白シュリンプと交雑するとフルブラックが誕生するかもしれません。汚い方法ですが。
201102011918000.jpg
一生懸命、日の丸、モスラを交雑しているのはこれが原因か。

そううまくいくかな。

以上勝手な見解でした。
posted by まさかず at 23:10| Comment(2) | シャドーブリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。